跳弾を防ぐ射撃用施設専用材



射撃訓練には、あらゆる状況における跳弾からの防御が要求されます。レグポールの射撃施設専用材は、警察や軍、その他の警備組織の訓練の場となる射撃施設のための跳弾防止材料として開発されました。屋内・屋外を問わず使用することができ、世界中の前方射撃施設や全方位射撃施設で使用されます。日本を初め、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ギリシャ、ノルウェー、スイス、イギリス、トルコ、ウクライナ等の欧州、米国、サウジアラビア、クエート、南アフリカ、台湾、香港、シンガポール等々の警察、軍、その他施設で使用される20 年を超える信頼と実績の製品です。すべての射撃施設の危険ゾーンの床・壁・天井、そして、バックストップに使用することができます。

レグポール射撃施設線用材の特徴

  • 信頼性の高い跳弾防止性
  • 危険な入射角度にも同様の跳弾防止性を約束
  • すべての銃火器のタイプや口径に対応
  • 銃弾の貫通穴がほとんど見えない弾性製品
  • 集中的着弾域にも後方に超硬度の材料と組合せて使用
  • その他の材料と比べて長期使用ができる
  • カラーバリエーションがある(床システム)
  • 屋外使用にも適している
  • 消音効果に優れる
  • 継目のない床システムによって、水拭き清掃ができる(床システム)
  • 紫外線に強く耐候性に優れる
  • 射撃施設や銃火器の仕様に従って、特殊デザイン・サイズにも対応

跳弾防止壁として使用されるレグポールの状況。(ドイツGSG-9) 最小の銃弾の穴を確認することができます。

レグポール跳弾防止セイフティフロア

レグポール・セイフティフロアは、すべての銃火器に対して、最善の跳弾防止性能があります。3層構造からなる製品は、12 色のカラーバリエーションがあり、BSW 社の仕様に従い、平滑で継目のない表層仕上げと最高の品質が保証されます。

■ 試験結果
・跳弾防止性能:10°~ 90°の入射角で銃弾を発射した場合に跳ね返りや跳弾が起らず、射撃手の安全が約束されます。銃器から発射された銃弾やその破片は、完全にレグポール床材の中で閉じ込められます。ドイツ・ウルムにある公的機関”Beschussamt”(German ballistic and gun control office) によって証明されています。

■ 試験結果
・防炎性能:クラスB1 ( DIN 4102-B2 に従う)
公的試験機関TFI(TeppichForschung International) が証明

■ 試験結果
・静電防止性能:問題なし(DIN 54346 に従う)
公的試験機関TFI(TeppichForschung International) が証明

用途:屋内射撃

施設サイズ 1,000 x 500mm
厚み タイル厚43mm + 表層コーティング2mm( 他の厚みも可能)
重量 約 40㎏ / ㎡
表層仕上げ 継目のない平滑仕上げ
色調  ベースタイル: 黒色、表層: 12色
メンテナンス 特別な方法を必要としない水拭き清掃
施工下地 平滑に仕上げられたコンクリートモルタル、微粒アスファルト、合板パネル、その他

レグポール・シューティングタイル

レグポール・シューティングタイルは、射撃施設内の側壁、天井部、バックストップやその周囲に使用することができます。銃弾は、レグポールを貫通し、再び抜け出すことを完全に防ぎます。着弾時の優れた衝撃吸収特性や磨耗性能のほか、屋外使用時の耐候性能、消音特性を有します。屋内・屋外の両方の施設に使用することのできる信頼性の高い製品です。

用途:屋内・屋外射撃施設

サイズ 1,000 x 500㎜ x 43㎜
厚重量 約 35㎏/ ㎡
色調  赤茶/ グリーン/ ブラック
防炎性能 DIN 4102-B2
消音特性 エッセン消音・断熱試験(DIN 52212)

レグポール・シューティングブロック

レグポール・シューティングブロックは、さまざまな安全対策として使用することができます。ブロックの幅( 厚み) 方向を変えたり、千鳥状の配列や複数列に組み合わせることで幅広い射撃施設の要求に対応します。積上げるだけでバックストップとして使用することができます。

用途:屋内・屋外射撃施設

サイズ 500 x 300 x 200mm
重量 約 25㎏
色調  赤茶


pagetop